とし旅-シニア旅人- もっとシニアライフを楽しもう!

還暦オジンが日々の季節の移り変わり出来事や海外国内を色々旅をするブログです。     

MENU

六波羅蜜寺/金運が上がる開運スポット 【都七福神まいり】

f:id:toshihyu:20220120095105j:plain

六波羅蜜寺御朱印

参拝日:令和3年(2021年)12月24日

 

都七福神まいりー弁財天
七福神で唯一の女神。 水を神格化したものであり、言語や音楽の神として尊信されています。また、金運・財運の神として福徳自在のご利益とされています。
出典:都七福神まいり

 

六波羅蜜寺都七福神でもあり、
フジテレビ系『突然ですが占ってもいいですか?』でも
金運アップのスポットと紹介されています。

f:id:toshihyu:20220119085728j:plain

フジテレビ系『突然ですが占ってもいいですか?』

八坂の塔より徒歩で10分です。

f:id:toshihyu:20220120160808j:plain

 

f:id:toshihyu:20220120160848j:plain

壁に「六波羅蜜寺」って書いてあります。

f:id:toshihyu:20220120161429j:plain

 

f:id:toshihyu:20220120161205j:plain

弁天社

門を潜って直ぐに弁天社が有ります。

f:id:toshihyu:20220120161746j:plain

こちらに金色の弁財天様が祀られています。

f:id:toshihyu:20220120162019j:plain

 

f:id:toshihyu:20220120162318j:plain

十一面観音立像

f:id:toshihyu:20220120162448j:plain

一願石

f:id:toshihyu:20220120162733j:plain

平清盛公の塚

f:id:toshihyu:20220120165403j:plain

 

f:id:toshihyu:20220120162913j:plain

 

f:id:toshihyu:20220120162949j:plain

本堂の柱がとても鮮やかです。

私の御朱印はこちらの本堂で頂きました。
朱印料は300円でした。(2021年12月現在)

f:id:toshihyu:20220120163428j:plain

都七福神御朱印は奥の御堂で頂けます。

f:id:toshihyu:20220120163606j:plain

なで牛

f:id:toshihyu:20220120163747j:plain

御堂

左手の社務所都七福神御朱印を頂けます。

御堂の中には銭洗い弁財天、水掛不動尊水子地蔵尊が祀られています。

f:id:toshihyu:20220120164240j:plain

銭洗い弁財天

小銭に3回に分けて水を掛けて清めたお金を使わずに貯めると金運が上がります。

f:id:toshihyu:20220120164925j:plain

水掛不動尊

f:id:toshihyu:20220120165057j:plain

水子地蔵尊

f:id:toshihyu:20220120165218j:plain

水子地蔵尊

 

 

六波羅蜜寺 は、京都市東山区轆轤町にある真言宗智山派の寺院。山号は補陀洛山。本尊は十一面観世音菩薩。創建者は空也上人。西国三十三所第17番札所。
本尊真言:おん まかきゃろにきゃ そわか
ご詠歌:重くとも五つの罪はよもあらじ 六波羅堂へ参る身なれば

出典: ウィキペディア

www.rokuhara.or.jp

 

 

開運推命おみくじ

四柱推命を基に、生年月日、性別で頂けます。
郵送でも申し込み出来ます。

開運推命おみくじ - 六波羅蜜寺

 

 

拝観時間

8:00~17:00

 

 

アクセス

〒605-0933

京都府京都市東山区東山区五条通 大和大路上ル東

 

八坂庚申堂 金剛寺 と 法観寺 (八坂の塔)

f:id:toshihyu:20220119103607j:plain

法観寺 (八坂の塔)

参拝日:令和3年(2021年)12月24日

圓徳院より徒歩で六波羅蜜寺に向かう途中に八坂の塔があるので立ち寄りました。

何やら人だかりが有る場所に来ました。

 

八坂庚申堂 金剛寺

f:id:toshihyu:20220119133112j:plain

 

f:id:toshihyu:20220119133144j:plain

 

f:id:toshihyu:20220119133503j:plain

お堂にはカラフルな「くくり猿」がいっぱい

f:id:toshihyu:20220119134557j:plain

 

f:id:toshihyu:20220119134642j:plain

お堂いっぱいにくくり猿が吊るされてカラフルです。

f:id:toshihyu:20220119134805j:plain

 

 

 

八坂庚申堂 金剛寺

金剛寺は、京都市東山区にある天台宗の寺院。山号は大黒山。正式には大黒山 金剛寺 庚申堂と号し、通称は八坂庚申堂という。大阪の四天王寺庚申堂、東京の入谷庚申堂とともに日本三庚申の一つとされている。

出典:ウィキペディア

八坂庚申堂 金剛寺ホームページ

 

 

通年開閉時間

9:00~17:00

 

 

アクセス

〒605-0828

京都府京都市東山区金園町390

 

 

 

 

 

法観寺 (八坂の塔)

八坂庚申堂のすぐ前の道から見上げると八坂の塔がすぐそこに見えます。

f:id:toshihyu:20220119142916j:plain

 

f:id:toshihyu:20220119143026j:plain

 

f:id:toshihyu:20220119143520j:plain

 

f:id:toshihyu:20220119143545j:plain

京都らしい道並みです。

f:id:toshihyu:20220119143657j:plain

近くで見るとおっきいです。
次の訪問地の六波羅蜜寺に向かいます。

f:id:toshihyu:20220119144000j:plain

少し離れてみる方がかっこいいですね。

f:id:toshihyu:20220119144116j:plain

道路の表示もお洒落です。

 

 

 

法観寺は、京都市東山区にある臨済宗建仁寺派の寺院。清水寺の近隣に位置する。街中にそびえ立つ五重塔は通称「八坂の塔」と呼ばれ、周辺のランドマークとなっている。境内は狭く、塔以外に目だった建築物がないことから、「八坂の塔」は寺自体を指す通称ともなっている。

出典: ウィキペディア

 

 

受付時間

10:00~15:00

 

 

拝観料

400円

 

 

アクセス

〒605-0862

京都府京都市東山区清水八坂上町388

 

圓徳院と三面大黒天

f:id:toshihyu:20220112150231j:plain

圓徳院御朱印

参拝日:令和3年(2021年)12月24日

今回の旅は京都五社めぐり都七福神まいりを巡る旅です。

八坂神社で京都五社めぐりは達成しました。

この辺は、神社がいっぱい在りますのでもう少し巡る時間もありますので、

フジテレビ系『突然ですが占ってもいいですか?』

木下レオンさんが紹介していた開運京都金運巡りの神社仏閣も巡ります。

f:id:toshihyu:20220119085728j:plain

フジテレビ系『突然ですが占ってもいいですか?』

八坂神社より石塀小路を通って圓徳院に向かいます。

京都の風情あるところです。

f:id:toshihyu:20220119090321j:plain

 

f:id:toshihyu:20220119090647j:plain

 

f:id:toshihyu:20220119090732j:plain

圓徳院前の地図

圓徳院に着きました。

f:id:toshihyu:20220119090913j:plain

拝観料500円を払って中に入ります。

ここで御朱印を頂けますが書置きです。

朱印料は300円でした。(2021年12月現在)

f:id:toshihyu:20220119091858j:plain

 

f:id:toshihyu:20220119092201j:plain

 

f:id:toshihyu:20220119092229j:plain

 

f:id:toshihyu:20220119092329j:plain

南庭

f:id:toshihyu:20220119092535j:plain

南庭

f:id:toshihyu:20220119092630j:plain

室内の襖絵も素晴らしい!

f:id:toshihyu:20220119092831j:plain

北庭

f:id:toshihyu:20220119093021j:plain

北庭

お庭 お掃除中でした。

f:id:toshihyu:20220119093237j:plain

 

f:id:toshihyu:20220119093912j:plain

左手後ろの門から出てきました。

左手に三面大黒天お堂が有ります。

f:id:toshihyu:20220119094204j:plain

 

f:id:toshihyu:20220119094420j:plain

三面大黒天お堂

右手に社務所が有りますので、ここでも御朱印を頂けます。

f:id:toshihyu:20220119094622j:plain

奥に三面大黒天が鎮座していますが小さくて、
写真見て気づいたのですが手前にレプリカが置いてありました。
気が付きませんでした😞

f:id:toshihyu:20220119095116p:plain

出典:圓徳院HP

こちらが圓徳院の三面大黒天さまです。

秀吉の出世守り本尊「三面大黒天(さんめんだいこくてん)」は、たいへん珍しい大黒天・毘沙門天(びしゃもんてん)・弁財天(べんざいてん)の三天合体の尊像です。毎月3日は、この三面大黒天の縁日です。
出典:圓徳院HP

 

f:id:toshihyu:20220119095514j:plain

歌仙堂

f:id:toshihyu:20220119095638j:plain

三面大黒天入口

圓徳院拝観しない方はこちらから入れば拝観料がかかりません。

f:id:toshihyu:20220119095919j:plain

 

 

 

圓徳院と三面大黒天

www.kodaiji.com

kyotoshunju.com

 

 

圓徳院受付時間

午前10:00~午後5:00受付終了(午後5:30閉門)

 

 

アクセス

〒605-0825

京都府京都市東山区高台 寺下河原町530

八坂神社 【京都五社】

f:id:toshihyu:20220111163716j:plain

八坂神社御朱印

参拝日:令和3年(2021年)12月24日

f:id:toshihyu:20211229105033j:plain

京都五社めぐり

 

東に蒼龍ー八坂神社
八坂神社は古くは祇園社と呼ばれ、一般に「祇園さん」の名で親しまれています。全国祇園社の根本神社で、この神社は876年僧円如が牛頭天皇を迎え京都に流行した疫病を祓うために創建されたといわれており、京都の人々はこの神を祭って疫神を祓おうとしました。こうして祇園会が始まり平安時代中期から山鉾巡行も起こり、現代も毎年七月に八坂神社の祭礼として祇園会(祇園祭)が盛大におこなわれます。
出典:京都五社めぐりHP
 

平安神宮からバス停祇園に着きました。

f:id:toshihyu:20220112101410j:plain

祇園の商店街

10時過ぎていますが、まだお店は開いていませんね。

f:id:toshihyu:20220112101702j:plain

八坂神社西楼門

f:id:toshihyu:20220112101752j:plain

八坂神社西楼門

良く京都の観光写真で見る八坂神社西楼門です。

f:id:toshihyu:20220112113538j:plain

 

f:id:toshihyu:20220112113643j:plain

四条通

f:id:toshihyu:20220112113813j:plain

八坂神社も来るのは久しぶりです。

f:id:toshihyu:20220112115048p:plain

八坂神社境内MAP(八坂神社HPより)

f:id:toshihyu:20220112113914j:plain

西楼門をくぐったら直ぐに疫神社があります。

f:id:toshihyu:20220112114805j:plain

疫神社

f:id:toshihyu:20220112114905j:plain

太田社

f:id:toshihyu:20220112115648j:plain

北向蛭子社

f:id:toshihyu:20220112122216j:plain

本殿に向かう階段

f:id:toshihyu:20220112122352j:plain

大国主

こちらは縁結びの神様です。

f:id:toshihyu:20220112122854j:plain

 

f:id:toshihyu:20220112123203j:plain

国宝 八坂神社本殿

左手の本殿でお参りして、右手の社務所御朱印を頂きます。

f:id:toshihyu:20220112123547j:plain

 

f:id:toshihyu:20220112123614j:plain

御朱印の種類が豊富です。
従来のシンプルな御朱印を頂きました。

朱印料は手書き500円 書置き300円でした。(2021年12月現在)

f:id:toshihyu:20220112130518j:plain

手水舎

f:id:toshihyu:20220112130757j:plain

舞殿

f:id:toshihyu:20220112130852j:plain

大年社

f:id:toshihyu:20220112131027j:plain

悪王子社

f:id:toshihyu:20220112131256j:plain

大神宮社

f:id:toshihyu:20220112131516j:plain

八坂神社境内には沢山の社殿が有ります。

 

 

御千度詣で

f:id:toshihyu:20220112134040j:plain

御千度札

f:id:toshihyu:20220112134227j:plain

 

f:id:toshihyu:20220112134512j:plain

 

祈願方法

①お守り授与所で、「御千度木札」をお受けください。初穂料300円

②お参りの仕方は、まず本殿の正面で二拝してから「御千度木札」を掌に持って祈願をします。次に二拝二拍手一拝の作法でお参りします。

③西側から時計回りにご本殿をめぐり、ご本殿の裏側でもう一度祈願して、正面に戻ります。これを三度繰り返します。

 

f:id:toshihyu:20220112123203j:plain

正面でお参りします。時計回りに回ります。

f:id:toshihyu:20220112140139j:plain

 

f:id:toshihyu:20220112140212j:plain

裏側でお参りします。

f:id:toshihyu:20220112140305j:plain

 

f:id:toshihyu:20220112140432j:plain

これを三度繰り返します。


f:id:toshihyu:20220112141054j:plain

南楼門

f:id:toshihyu:20220112141159j:plain

八坂神社 石鳥居



 

八坂神社

www.yasaka-jinja.or.jp

ja.wikipedia.org

 

 

社務所受付時間

9:00~17:00

 

 

アクセス

〒605-0073 

京都府京都市東山区祇園町北側625

 

平安神宮 【京都五社】

f:id:toshihyu:20220108091310j:plain

平安神宮御朱印

参拝日:令和3年(2021年)12月24日

 

f:id:toshihyu:20211229105033j:plain

京都五社めぐり
平安神宮
 1895年に桓武天皇の平安遷都1100年祭を記念して創建された神宮です。後に平安京最後の天皇である孝明天皇も合祀されました。社殿は平安京の政庁の中心であった朝堂院の形式を約二分の一に縮少して復元したものです。二層の神門は応天門中央正面一層の入母屋造の拝殿は大極殿、拝殿左右の桜閣は東は蒼龍桜、西は白虎桜と呼ばれています。10月22日に行われる、京都三大祭りの一つ時代祭は、ここ平安神宮の大祭です。
出典:京都五社めぐり
 

今日は市内中心部の神社仏閣を巡っていきます。
当然ですが、交通手段はバスなのでバス1日券を買いました。

f:id:toshihyu:20220108092617j:plain

京都バス1日券
京都バス1日券の使い方

使い方は
① 一番初めだけバス降車時にカード読み取り機に入れて日付を印字。

② 次からは 降車時に印字された日付をバス運転手に見せるだけです。

  2021年12月現在 700円

購入場所、使用範囲等 

詳しくは

www.city.kyoto.lg.jp

toshihyu.hatenablog.com

 

平安神宮に最後に行ったのは40年以上前ですが、広かったと記憶しています。

バス停岡崎公園口で降車。5分ほど歩きます。

f:id:toshihyu:20220108095853j:plain

応天門

f:id:toshihyu:20220108095933j:plain

 

f:id:toshihyu:20220108100305j:plain

中に入るとやっぱり広いですね。
正月の初詣になったら此処は人でいっぱいに成るんでしょうね。

f:id:toshihyu:20220108100428j:plain

 

f:id:toshihyu:20220108100526j:plain

 

f:id:toshihyu:20220108100556j:plain

 

f:id:toshihyu:20220108102055j:plain

 

f:id:toshihyu:20220108102131j:plain

お参りして左手の社務所御朱印を頂きました。
こちらの朱印料は500円でした。(2021年12月現在)

神殿内は撮影禁止だったのでこのアングルでの写真です。
今日はお庭を拝観しないので次に向かいます。
今度は桜の綺麗な時期に伺いたいですね。

f:id:toshihyu:20220108103211j:plain

平安神宮ホームページより

f:id:toshihyu:20220108103443j:plain

 

f:id:toshihyu:20220108103539j:plain

応天門より大鳥居を臨む

大鳥居まで遠そうです、バス停は大鳥居の下です。

f:id:toshihyu:20220108103814j:plain

 

f:id:toshihyu:20220108103911j:plain

平安神宮大鳥居



 

www.heianjingu.or.jp

kyoto-design.jp

 

拝観時間

6:00~17:00

 

神拝観受付時間

8:30~16:30

 

 

アクセス

〒606-8341

京都府京都市左京区岡崎西天王町

www.heianjingu.or.jp

京都バス1日券/京都観光には必須

f:id:toshihyu:20220108092617j:plain

京都バス1日券

京都バス1日券

 

使い方

使い方は
① 一番初めだけバス降車時にカード読み取り機に入れて日付を印字。

② 次からは 降車時に印字された日付をバス運転手に見せるだけです。

 

価格

大人 700円

子供 350円

          2021年12月現在

 

有効区間

f:id:toshihyu:20220108111350p:plain

 

発売場所
  • 市バス・地下鉄案内所,定期券発売所,市バス営業所,市バス車内,地下鉄駅窓口(大人券のみ) など
  • 京都バス営業所,京都バス案内所,京都バス車内 など

 

他に、地下鉄・バス1日券もあります。

詳しくは

www.city.kyoto.lg.jp

下御霊神社

f:id:toshihyu:20220107085718j:plain

下御霊神社鳥居

参拝日:令和3年(2021年)12月23日

革堂に伺った際、隣に立派な鳥居を見かけたので参拝させて頂きました。

f:id:toshihyu:20220107090722j:plain

 

f:id:toshihyu:20220107091007j:plain

 

f:id:toshihyu:20220107091041j:plain

 

f:id:toshihyu:20220107091112j:plain

 

f:id:toshihyu:20220107091347j:plain

 

f:id:toshihyu:20220107091543j:plain

 

f:id:toshihyu:20220107091620j:plain

時間が結構遅かったので御朱印を頂けませんでした。

 

 

下御霊神社しもごりょうじんじゃ平安時代に冤罪を被り亡くなられた貴人の方々の怨霊をお慰めして御霊ごりょうとして、その当時からお祀りしてまいりました。
疫病災厄を退散し、朝廷と都をお守りする神社として崇敬されてきました。
出典:下御霊神社HP

shimogoryo.main.jp

twitter.com

 

 

開閉門時間

午前6:00〜午後7:30

 

 

授与所時間

午前9:00〜午後5:00

 

 

アクセス

〒604-0995

京都府京都市 中京区寺町通丸太町下ル下御霊前町